明日やろうは、馬鹿野郎!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大人によって救われた 学生時代

中学も高校も小学校もだけど

今思えば 学校の先生には恵まれた

そう考えれば、人のめぐり合わせは運がよいのかもしれない


最終学歴が、中学校ではなくてよかったなと思ったことは何度かアル
欲をいえば大学であればこの上ないわけだが・・・


高校生活を振り返り


卒業証書を持っている事自体が奇跡でしょう


入試は子供の頃からのスパルタ教育のおかげで
上位一桁の順位で合格

入学直後は、進学コース?のような特殊クラスに・・・


全くやる気のない僕にとっては???



大学どころか高校も行く気が無かったわけでして・・・



まあ、中学校の流れで不良がもてる?



そんな方程式が出来上がっておりまして



当然、見た目から入る訳でして


酒 タバコ 博打 バイク 女


16~19は完全なるモテ期だったのかもしれない


学校は行かず昼からパチンコ屋

夜は女の子とあそび

たまに学校に行くも

さすがに小中の基礎ができてても高校の授業は別物

わけわかりません(撃沈


当然のように出席日数もたりなくなるわけでして


でも その頃の担任が補習授業をしてくれたおかげで

なんとか卒業証書を貰うことができたのでした。
スポンサーサイト
  1. 2010/04/11(日) 07:41:50|
  2. 10代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中学時代

今思えば、一生懸命に学業に精をだずべきだったと
そうすれば、職業の選択に苦労する事もなく好きな事ができたのかも

後悔先に立たず


ミーハーだったのかな?

TVでは、ドラマもニュースも家庭内暴力 校内暴力 真っ盛り

流行にのらねば!

そして、本来犯罪者側である暴力を振るう人間に、スポットをあて
主人公と思わされるかのような、マスコミ放送

馬鹿な人間・客観視出来ない人間が落ちる行為が主人公になれるという誤解により
犯罪者や犯罪者もどき・予備軍となる


あのとき 気づけていれば・・・


いつからでも、何度でもやり直しはきく

やり直すことは出来ても達成できる事とは別なんだよね。
土台をのこしやりなおせる事ばかりではない
土台をなくすどころか、マイナス位置から始めなければいけない事もある

そして、人に与えられた時間には期限がある

10時間で達成する事に対して、残り時間が1時間で初めても
達成できない事は明らかなのに、始める意味があるのか?
はなはだ疑問である。

過程と結果どちらが重要なのか

本来望む結果を得る為に行動をおこしたはずなのに
出来ない人間を慰める時には過程が大事というだけだ

そして、その間にも残り時間は確実に消費され続けている。

だから、必死でやってる所を他人に見られ、失敗という結果を知られるのが怖かった

だから、見られる所ではいい加減になんとなく、必死になんてとんでもない
結果がでなくても、本気じゃないもんって逃げる
結果がだせれば、出来て当然だろと上から目線

これが、リスクを少なくCOOLに見せる唯一の方法だと信じていた。

高校は1校だけの受験
前日まで、毎日たまり場でマージャンしてた。
合格発表も見に行かなかった

小学校の頃無理やりにでも勉強をさせられていたおかげで
高校受験の入試は4番目での合格だった。

高校のランクを落とし不良もどきを演じ
間違えたCOOLさを求めた代償はその頃は何一つ感じなかった

いまおもえば、高校にすら行くのをやめようとしていた自分に
見捨てずに高校の入試を進めてくれた回りの大人達に感謝かな



  1. 2010/04/03(土) 20:24:14|
  2. 10代
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

中学

小学校の頃は自宅でスパルタ教育のおかげ?で、学校での成績はそこそこよく
クラスでも発言権のあるほうだった。
(喧嘩の強い子より、スポーツや勉強が出来る子が優位な小学校時代だったんだなあ)

中学になると、学力よりも腕力がモノをいう流れに
その流れに気づかず、いじめられてる子をかばったばっかりに
自らがターゲットとなりかけるという惨事にみまわれる

当然、我が身がかわいい


いじめられる側より、いじめる側に身を置く

あえていじめられる側になり、他人をかばう事が悪いことではない
むしろ良いことであるのはわかりきっていた

しかし、心身の安全を考え計算して出した答えは、前者だった。

自分の身は自分で守る

出来なければ脱落していく

優劣が自然に存在するのは当然


しかし、大人はペテン師のように言葉巧みに道徳や世の中の良心とやらを説いていた


いつも思っていた


君子危うきに近寄らず

虎穴にいらずんば虎子を得ず


この言葉が存在する矛盾を感じていた
  1. 2010/04/02(金) 15:38:33|
  2. 10代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Birth

小中学校は、無理やりにでも勉強をされられていたおかげで(今思えば本当に感謝
クラスでの成績も上位でスポーツもそこそこな器用貧乏な子供だった。

中学になり、色気づく

けだるそうに生きる事が、かっこいい

一生懸命な姿を見られるのが、かっこわるい

そんな、価値観を抱き俺の高校生活が始まる
  1. 2010/04/02(金) 02:00:39|
  2. 10代
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新規一転

4/1

だから

何かを

はじめてみよう

  1. 2010/04/01(木) 10:51:53|
  2. リアル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。